PHPでメールフォームを自前でつくる。ゆるふわPHP第1回

ゆるふわPHP第1回

プログラミング初心者の方を対象に「PHPでメールフォームを作ってみよう!」記事を公開します。

対象読者

  • HTMLとCSSはワリと覚えてきたけど次に何を覚えよう?
  • Googleフォームはメールフォームを簡単に作成できて便利だけど、自由にデザインできないのが不便。
  • WordPressのテーマとかをいじってみたいんだけどPHPっていうのがいじれると有利らしい

といった方々が対象です。

メールフォームのしくみ

今回作成するメールフォームのしくみはざっくりと下の図のようになります。
ユーザーがブラウザのメールフォームからウェブサーバーへデータを送信。
ウェブサーバーがそのデータを受け取って開発者へメールを送信する。

PHPとは?

PHPとはWebサイト上で動作するプログラムの一つで、HTML内に記述することができるので、お手軽で便利。
メールフォームを動作させるためにはお使いのサーバーがメールを送るのに必要になる、mb_send_mailに対応していることが必要になります。
契約しているレンタルサーバーがPHPに対応しているなら、だれでも簡単に試すことができます。

  • おすすめレンタルサーバー
    さくらのレンタルサーバ・スタンダード
    月額524円(初期費用1,048円が必要)と安くて非常に安定していて、今回必要になるmb_send_mailという関数にも対応しています。

アジェンダ

この連載ではHTML,CSSを一通り習得した方を対象に以下の項目に沿ってPHPで実際にメール送信ができるメールフォームを完成させるまでをチュートリアルしていきたいと思います。

第1章 PHPってなに?(この記事)
第2章 変数ってなに?
第3章 四則演算ってなんなの?
第4章 フォームで値を渡します
第5章 条件式ってなんなんですか?
第6章 メール送信できちゃうんです!!
第7章 メールフォーム完成!!

それでは、第1章スタート!!

第1章 PHPってなに?

PHPとはwebサイト上で動作するプログラムの一つで、HTML内に記述することができるので、お手軽で便利。

PHPのルール

プログラミング言語だけに数限りなくルールはあるのですが、ここでとりあえず覚えるべきルールは3つだけ。

  • 拡張子は基本的には「.php」
  • PHPはプログラムを「<?php」で始まり「?>」で閉じる
  • 各行の終わりには基本的には「 ; 」(セミコロン)を付ける
<html lang="ja">  
<head>  
<meta charset="UTF-8"> 
<title>はじめてのPHP</title>  
</head>  
<body>  
<?php  
echo "Hello, World!!";  
?>  
</body>  
</html>

上記のように記述し、ファイル名を「code01.php」としてお手持ちのサーバーにアップしてみてください。
Chromeなどのブラウザでアップしたphpファイルにアクセスし、「Hello, World!!」と表示されれば成功です。

次回、「第2章 変数ってなに?」に続きます。

  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存